動物にまつわるおどろきの仰天豆知識

  • 2017.07.25 Tuesday
  • 09:59

 

動物に関するお話しです。

 

 

◯トカゲ類や魚類・両生類などには「第3の目」というものがあり、

 それは頭蓋の頂点にあって「頭頂眼」と呼ばれる。

 


◯ネズミはチーズ好きではなく、

 むしろ苦手である。

 


◯コウモリの睡眠時間は平均20時間で

 起きている4時間の間にトイレ・食事・交尾している。

 


◯シロクマの鼻は黒くて雪の中で目立つので獲物に近づくときは、

 片手で自分の鼻を隠しながら近づき狩りを行う。

 

 

◯野生のラッコは海で流されないように

 体中に海藻を巻きつけており、

 水族館の中のラッコはラッコ同士手を繋いでいる。

 


◯ナマケモノは食べたものを消化するのに

 約一カ月もかかるのである。

 


◯シロナガスクジラは体内の脂肪が多いため、

 半年間絶食でも死なない。

 


◯馬は鼻は息のみ、

 口は飲食のみと役割が分担されているので、

 走ったりすると鼻息が荒くなる。

動物についてこれって知っていますか?

  • 2017.06.21 Wednesday
  • 21:14

◯猫の汗腺は肉球にしかない。


◯猫は仏教伝来とともに中国から渡ってきたのであるが、理由は大切な経典をネズミから守る為である。


◯猫の街になっている長崎市の猫はほとんど尻尾が曲がっていて、

 理由は尻尾が曲がった猫はインドネシア辺りに多く、

 江戸時代以降に描かれた猫は尻尾が曲がり始め、出島で貿易をするが、

 船内の荷物をネズミから守るため船に猫を乗せていて、

 こうして上陸した外国の猫が繁殖したからである。


◯犬用のコンタクトレンズが存在していて、目の傷を早く治せるという


◯ライオンの世界においては、ボスが変われば前のボスのは全て殺す。


◯動物園などで飼育されているフラミンゴは、餌で着色されている。

 

動物に関するほとんどの人が知らないと思われる情報

  • 2017.05.24 Wednesday
  • 09:20

モテればモテるほど悲惨な死を遂げてしまうバビルサという動物で、インドネシアのスラヴェシ島にしか生息しないちょっと変わった動物でイノシシ科の絶滅危惧種である。


代表的な特徴はキバであり、このキバがとにかく凄い。その理由とはバビルサのキバは長ければ長いほどメスにモテると言うのである。


上向きに生えている長い牙で、バビルサのキバは長ければ長い程、メスに健康なオスと判断され、モテる。我こそが一番のモテバビルサなのだとその牙をへし折る為の喧嘩が勃発する事もしばしばある。


しかし、その牙が悲劇を招く事もある。それはキバが成長し過ぎて、顔に刺さってしまうという事である。モテる象徴のキバは長ければ長い程、自分の頭に刺さって、死んでしまう可能性がある。


キバが長い程モテるバビルサはその牙が長くなり過ぎると顔に刺さって死んでしまうため、なんとも悲しい運命を背負っている。


ついたあだ名は何かと言えば、「死を見つめる動物」である。


まさにモテればモテるほど悲惨な死を遂げる可哀想な動物である。

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

アニマルズ横丁

アニマルショップ グラシアス

フルーツグッズ

フルーツショップ グラシアス

ボールグッズ

ボールショップ グラシアス

サッカーショップ

卓球ショップ

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM